こんばんは、ココチエの矢倉です。
先日、白馬岩岳の山の上へ。
久々です。

スノーボードでしか行った事がありません。
雪山とは違った景色で、
今の時期にしか見れない景色がありました。
生憎の小雨でしたが、雨のにおいなど。
これもまた良い。

黒い建物って自然界に意外と溶け込みます。
自然界にある色 黒。無彩色。

建設地によりますがかえって白い建物の方が目立ちますね。
一般にたくさんあるので町場では目立ちませんが。
穂高の別荘地などで白い建物があると目立ちます。

きれいな建物。シンプルです。
山の上にシティーベーカリー。


沢山の色や素材を使わない。
高さを抑える、合わせる。
手に触れる高さや素材感。

やりすぎないシンプルなものが美しい。
デザインには意味がある。
モノづくりには造られる理由がある。

愛着がわく、長く使えるモノって
この部分がしっかり抑えられている気がします。

感性を研ぎ澄まし、身の回りのモノに目を向ける。
意味を考える。それを蓄積して応用して
オリジナリティが生まれる。

人が暮らす家は、理由をつなぎ合わせて造られる。
学びは、身の回りに沢山ある。
通り過ぎてしまってもふと気が付いて戻ることもできるから。
そんな学びを積み重ねていく事が大事なんだと思う。