1. 初めての方へ 2. 施工実例 3. お客様の声 4. ハウスラインナップ 5. スタッフ紹介

スタッフブログ

STAFF BLOG

バルコニーの種類と使いやすくするポイントをご紹介!


2022.08.05

バルコニーは外の開放的な空間を活かして、くつろげるようにしたり、小さな園芸を楽しむスペースにしたり、洗濯物を干すスペースにするなど様々な用途で活用できます。

バルコニーと言っても形は様々ございます。

そこで今回は、バルコニーの種類と使い勝手の良いバルコニーにするポイントをご紹介します。

□バルコニーの種類

1つ目は、回りバルコニーです。

一般的なバルコニーのイメージは、横一直線になっているものが多いと思います。

回りバルコニーは、L字などで家を囲むような形をしているスタイルのバルコニーです。

異なる方角の景色を楽しめ、より開放感を得られます。

2つ目は、インナーバルコニーです。

インナーバルコニーとは、バルコニー部分が建物内部に引っ込んでいるような形状のものを指します。
屋根が別で取り付けられたものではなく、アウトドアリビングのように、部屋の延長線上として、外に設けられた部屋のようなイメージに近いです。

一般的なバルコニーは建物の外に張り出したように設置された空間で天気の影響を受けやすいですが、インナーバルコニーだと、急な天気の変化の影響が受けにくくなります。

そのため、天気の良い日にくつろぐ用として机や小さなソファを置く方もおられます。

3つ目は、サービスバルコニーです。

エアコンの室外機や物置などを置くスペースとして使われるバルコニーもあります。

奥行きが短いことが多く、ちょっとした便利なスペースとして活用できます。


この他にもルーフバルコニーやスカイバルコニーのように屋根や屋上に設けられたバルコニーもございますが、長野県のエリア、当社が施工している安曇野市、松本市は積雪のあるエリアですので、取り入れる方はおられません。

□使い勝手の良いバルコニーにするためのポイント

1つ目は、バルコニーの用途を明確にすることです。

洗濯物を干す以外にも、バルコニーにはさまざまな用途があります。

どのような用途に使いたいのかを明確にすることで、適切なスタイルや広さ、間取りを考えられます。

2つ目は、動線計画をしっかりすることです。

バルコニーの間取りを考える際には、単体ではなく、他の部屋からの動線を意識すると良いでしょう。

洗濯物や布団を干す場所として活用する場合には、洗濯機からの距離や寝室からの銅線を考慮すると家事が楽になります。

□まとめ

今回は、バルコニーの種類と使い勝手の良いバルコニーにするためのポイントをご紹介しました。

バルコニーは様々な用途で活用することができます。

お家で過ごす時間が以前よりも長くなった方もおられると思います。

お家の中で少し外に出てリラックスできる空間は貴重です。

せっかくのマイホームですので、理想のお家を一緒に追求していきましょう。

ご不明な点等ございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

お家づくりコラム

お家づくりを考え始めた方、まだこれからの方、両方に役立つお家づくり情報を発信します。

ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
無料相談会ご予約ページ
〒399-8102 長野県安曇野市三郷温4614番地1
Copyright © ココチエ建築設計株式会社 All Rights Reserved.