1. 初めての方へ 2. 施工実例 3. お客様の声 4. ハウスラインナップ 5. スタッフ紹介

スタッフブログ

STAFF BLOG

大切なものは見えにくい Vol.4


2020.07.26 | y氏のブログ

こんばんは、ココチエの矢倉です。

大切なものは見えにくい。

目に見えない大切なものは気が付いたときに心に響く。
それは長きに渡って思い感じ続ける。

さて、今回は性能のお話を少し。
大切なものは見えにくい。
造る家の性能がなぜ大事なのか?
省エネ。耐震。メンテナンスコスト。
どれも大事です。
性能を見える化しているものの一つに長期優良住宅があります。

長期優良仕様?長期優良風?
なんとも曖昧ですね。
長期優良住宅を取得する。でいいのです。
性能を見える化。表示しているもの。
しかもある程度の性能基準を設けて認定をするもの。
性能評価は、審査を受けると何等級かが解るだけ。
長期優良住宅は、その性能評価に一定の基準を設けているから
性能を有していないと認定にならない。
では長期優良住宅の基準とは?
・劣化対策・維持管理・省エネ等級はいずれも国内最高等級。
・耐震等級のみ2等級でいい←ココチエでは等級3が標準。
となります。
これは国内最高等級という名の国で決めた最低レベルの基準。
最低限「ここ」までクリアしましょうという意味。
ならば、皆さんはどうします?
最低限ここはクリアしておきたいですね。

例えば 省エネ等級で言えば
このあたりの4区分地域だとUA値が0.75をクリアしている事。
0.75をクリアすれば省エネ等級4等級。
いわゆる国の基準で定めた最高等級4等級(最低限確保したい性能値)
となるのです。

では、なぜこんな基準を定めたのか。
それは今までの蓄積された健康被害や省エネや
限りある資源 化石燃料の無駄遣いを抑制しようという事から決められた事。なのです。

大切なことは見えにくい。
未来に向けて大事にしておきたいこと。
家庭内事故、健康被害。
省エネ=資源や経済的な節約。
健康被害については、旭化成さんの資料をお借りします。

断熱材の種類によって性能値を設定して、その性能値に対して左縦軸を健康リスク。
右縦軸が断熱レベル。横軸を省エネ(暖房性能)としています。

この表から、もっと単刀直入にいうと
ローコストでレベルが低く健康被害のあるお家を選択肢としますか?
という事です。

今の家は、暖かい。
でも何と比べて暖かいのでしょうか?
40年前の建物ですか?
アパートですか?
これから目指すべきお家の方向性は指し示されています。
何十年と住まうお家で長きに渡って効果の出てくるもの、得られるもの。
大切なものは今すぐには見えにくい。目では見えにくいものなのです。
Q値やUA値、C値。
どのレベルのお家を建てるべきか。基本性能として確保しておくことが大事です。
建設従事者としては、そのあたりを。プロとしてしっかり説明してご提案しないといけない。
この先で大切にした、性能の良いおうちから得られるものは、ご家族の幸せ。
健康被害や経済効果はその要素の一つであるのです。

それでは、また。

安曇野市・松本市を中心に、デザイン住宅・二世帯住宅・平屋・リフォームなど、ハウスメーカー以上のこだわりのデザインで高性能なお家をご提案しているココチエ一級建築士事務所の無料相談会をご利用下さい。>>無料相談会をご希望の方へ

ヤグラセイジ

手間がかかる事に手間をかけると愛着が湧く。
家づくりに手間をかけた分だけいい家になる。

ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
無料相談会ご予約ページ
〒399-8102 長野県安曇野市三郷温4614番地1
Copyright © ココチエ建築設計株式会社 All Rights Reserved.