1. 初めての方へ 2. 施工実例 3. お客様の声 4. ハウスラインナップ 5. スタッフ紹介

スタッフブログ

STAFF BLOG

家で快適に過ごすための条件とは?家づくりをされる方に向けて解説します!


2021.10.08 | お家づくりコラム

せっかく家を建てるならば、快適に過ごせる家にしたいと考えるのは当然のことですよね。
ただ、住みやすい家にするためにはどのようなことに気を付けるべきなのかは意外にも知られていません。
そこで今回は、家づくりをされている方に向けて、家を快適にするための条件について詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

□住みやすい家の条件

住みやすい家にするためにはいくつか知っておきたい条件があります。
1つ目に挙げられるのは、断熱性能と気密性能です。
住宅の中の設備がどれほど高級で、性能が高いものであったとしても断熱性能と気密性能が低ければ住宅の室温が一定に保つことは難しくなります。

夏は暑さを感じ、冬は寒さを感じるような家は快適とは言えませんよね。
そのため、断熱性能と気密性能は住みやすい家にするために重要になってきます。

2つ目に挙げられるのは間取りです。
間取りは、その家に暮らす人の生活様式や人数などの条件によって変わってきます。
具体的には収納の位置、部屋の数などが挙げられます。
最適な間取りは人それぞれ異なるため、ご自身が住みやすいと感じる間取りとは何かを考える必要があります。

3つ目に挙げられるのは動線です。
動線とは住宅の中の動きを線で考えたもので、家事動線や生活動線といった考え方があります。
一日の家事や生活の動きがスムーズになるように間取りを工夫することで、より住みやすい家が実現できるでしょう。
ただ、この動線はお一人で考えるのは難しいため、迷った際は当社にお気軽にご相談ください。

□住みやすい家の考え方

先ほどは住みやすい家の条件についてご紹介しました。
ここからは、住みやすい家にするための具体的な考え方をご紹介します。

住みやすい家にするための基本的な考え方として、子どもが住みやすい家にすることです。
もしお子様がいらっしゃる場合は子どもが安心して暮らせることを最優先にして考えることをおすすめします。
理由としては、子どもが安心安全に暮らせる住宅は、お年寄りも暮らしやすいことが多い傾向にあるからです。

子どものために危険な段差を少なくしたり、部屋を行き来しやすくしたりといったことは自分たちが年を重ねた際の生活にも役立ちます。
そのため、長く住む予定がある人ほど子育てがしやすい家を目指しましょう。

そして、複数階建ての住宅であっても1階だけで大体の生活ができる間取りにしておくことをおすすめします。
段差の移動を減らすことは暮らしやすい動線を実現できるだけでなく、怪我のリスクも軽減できます。
このことから、なるべく1階で完結するような間取りを心がけることをおすすめします。

□まとめ

今回は、家づくりをされている方に向けて、家を快適にするための条件について詳しく解説しました。
住みやすい家にする際は、1階の間取りを特に工夫して考えたいところです。
当社ではお客様のご要望に合わせて、最適な間取りをご提案させていただきます。
家を建てたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

安曇野市・松本市を中心に、デザイン住宅・二世帯住宅・平屋・リフォームなど、ハウスメーカー以上のこだわりのデザインで高性能なお家をご提案しているココチエ一級建築士事務所の無料相談会をご利用下さい。>>無料相談会をご希望の方へ

お家づくりコラム

お家づくりを考え始めた方、まだこれからの方、両方に役立つお家づくり情報を発信します。

ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
無料相談会ご予約ページ
〒399-8102 長野県安曇野市三郷温4614番地1
Copyright © ココチエ建築設計株式会社 All Rights Reserved.