1. 初めての方へ 2. 施工実例 3. お客様の声 4. ハウスラインナップ 5. スタッフ紹介

スタッフブログ

STAFF BLOG

ウォークインクローゼットにはカビが発生しやすい?湿気対策を紹介します!


2021.11.30 | お家づくりコラム

ウォークインクローゼットを作りたいけどカビが心配だという方は多いと思います。
そこで今回は、湿気対策を紹介します。
新築を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

□カビが発生しやすい理由について

まずは、カビが発生しやすい理由について解説します。
ぜひお役立てください。

1つ目は、衣類が湿気を吸収するからです。
衣類の繊維は、その性質によって湿気や水分を吸い込んでしまいます。
さらに、クローゼットにはさまざまな衣類が収納されているため、湿気だらけになります。
乾いたように見えても、水分が残っていることもあるため気をつけましょう。

2つ目は、空気の出入りがなく、よどむからです。
他の部屋よりも狭い空間なので、その分空気の出入りも少なくなります。
そのため、空気が停滞してよどみがちです。

3つ目は、建物の北側にある場合が多いからです。
家族みんなが過ごすリビングを日当たりの良い南側に配置する方は多いです。
一方で、ウォークインクローゼットは日当たりを気にする必要がないため、北側に配置されます。

北側は日当たりが悪く冷えやすいので、カビの温床である結露が発生しやすいです。
そのため、間取りについても検討しましょう。

□湿気対策をご紹介!

ここからは、具体的な湿気対策を紹介します。
ぜひ試してみてください。

1つ目は、衣類の湿気を飛ばすことです。
洗濯物の湿気を可能な限り減らすために、十分に乾燥させてから収納しましょう。
また、湿気を下げるためには、衣類を詰め込みすぎないことも重要です。

2つ目は、クローゼットを換気することです。
クローゼット内に風を通し、空気のよどみを防ぎましょう。
サーキュレーターや扇風機も有効です。

3つ目は、結露をこまめにふき取り、除湿剤を置くことです。
冬場、結露した場合は頻繁にふき取りましょう。
また、湿気を取り除く際は、除湿機や除湿剤がおすすめです。

実は、ホームセンターや100均で購入できる「重曹」を除湿剤として使うことも可能です。
湿気を吸い込んで閉じ込める性質があるため、しっかり除湿してくれます。

□まとめ

この記事では、ウォークインクローゼットの湿気対策について解説しました。
また、なぜカビが発生しやすいのかについても解説しました。
ウォークインクローゼットを作る際は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしてください。
新築を検討中の方は、いつでも当社までご相談ください。

安曇野市・松本市を中心に、デザイン住宅・二世帯住宅・平屋・リフォームなど、ハウスメーカー以上のこだわりのデザインで高性能なお家をご提案しているココチエ一級建築士事務所の無料相談会をご利用下さい。>>無料相談会をご希望の方へ

お家づくりコラム

お家づくりを考え始めた方、まだこれからの方、両方に役立つお家づくり情報を発信します。

ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
無料相談会ご予約ページ
〒399-8102 長野県安曇野市三郷温4614番地1
Copyright © ココチエ建築設計株式会社 All Rights Reserved.