1. 初めての方へ 2. 施工実例 3. お客様の声 4. ハウスラインナップ 5. スタッフ紹介

良い家づくりをするには?

READING MATERIAL

ココチエの省エネ高性能住宅

国が定める2030年のスタンダードな住宅=ZEH

よりエコなおうち、より高性能なおうちが求められます

 ZEHはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。
一般的に省エネ住宅やエコ住宅と呼ばれている住宅が当てはまりますが、断熱性に優れた住宅で住宅内で消費する一次エネルギー(冷暖房・給湯・照明)を削減しながら、太陽光発電などの再生可能エネルギーを導入することでエネルギー消費量の収支ゼロ以下を目指します。
日本政府は「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政府目標を掲げていますので、よりエコで高性能なおうちを建てるためにも、おうちの気密性・断熱性を高める必要があります。

ココチエのおうちはZEH基準を超える高気密高断熱住宅です

おうちの断熱性能はZEHとして認定される基準のひとつ

 ZEHに求められる性能値の基準は、おうちを建てる場所の気候によって変わります。
国土交通省の定める省エネ基準地域区分では松本市や安曇野市のほとんどが4地域に分類されています。(一部は3地域)
この地域でのZEH基準「UA値0.6W/㎡・K以下」に対して、ココチエのおうちの平均UA値は0.37W/㎡・K(2021年)と低く、長野県よりもさらに寒さが厳しい北海道の基準値0.46W/㎡・Kをも上回る断熱性能を持っていることがわかります。
さらに冷暖房の効率を高めるために重要な気密性を表すC値の平均は0.17㎠/㎡となっており、ココチエのおうちはZEH基準を超える高性能住宅であると言えます。

※1:UA値とは建物の中から外に伝わる熱の量です。建物の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均して算出し、数字が小さいほど断熱性能が高くなります。
※2:C値とは建物の隙間の大きさを表し、床面積1㎡あたりどのくらいの隙間があるかを示します。C値1.0以下が高気密住宅となり、数字が小さいほど気密性能が高くなります。

※ココチエでは、G2グレード(UA値0.34W/㎡・K以下)が今後の標準仕様となるよう目標を設定しています。

※ココチエでは、G2グレード(UA値0.34W/㎡・K以下)が今後の標準仕様となるよう目標を設定しています。

省エネ高性能住宅に住むメリット

ココチエのおうちは家計にも体にも優しいおうちです

 ココチエは数値に裏付けられた確かな省エネ高性能住宅を建てていますが、そのメリットは「エコ」で地球や家計に優しいだけではありません。
しっかりと断熱されたおうちは外気温の影響を受けにくく、冷暖房の効きが良いため季節に関わらず快適な温度を保つことができます。
加えて、ダクト式エアコン等を使用することで、部屋間の温度差を減らし、冬場に増えるヒートショックの予防にも役立ちます。
3つのポイントまとめ

① 2030年にはすべての新築住宅でZEH基準のクリアが求められます。

② ココチエのおうちはZEH基準を超える省エネ高性能住宅です。

③ 優れた省エネ高性能住宅は家計だけでなく体にも優しいおうちです。

良い家づくりをするには?一覧に戻る
ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
ホームページを見て、無料相談会の予約をしたいのですが…
お気軽にお電話ください!
無料相談会ご予約ページ
〒399-8102 長野県安曇野市三郷温4614番地1
Copyright © ココチエ建築設計株式会社 All Rights Reserved.